ダイエットの基本は運動と飲食物

最近、私は2キロ太ってしまい、体重がもうすぐ90キロに近づいていることに気づいてダイエットをすることにしました。

私のダイエット法は運動と飲食物です。グラマラスタイルを辛口評価!私の口コミと使用した効果をご紹介!

まずは運動ですが、私の場合は在宅勤務なので、外に出て有酸素運動ができないから毎朝の起床時と昼間の腹筋を鍛えています。

まずは腹筋をベッド上で行い、頭にまくらを置いて、あおむけの状態から腹筋だけを使って身体を起す運動を50回行います。

次に立てひざの状態で寝たままでヒップアップする運動も50回行い、その時に上げたお尻は勢いで下げないでゆっくり下げるのがこつです。

最後に足を延ばした状態から両足を同時に約70cm持ち上げてから約20cmのところまで下げるのを繰り返して25回行います。

その運動を起床時と午後の休憩時間内に行い、腹筋100回、ヒップアップ運動100回、下腹部への腹筋50回が一日でできます。

現在、一か月行っていますが、ウエストが5cmダウンして、体重も2キロ減量に成功しました。

また、私の実感ですがはいているズボンが太っていた頃と比べるとゆったりさが表れていざり(お尻と足で移動する手段)をしても苦しさがなくなりました。

また、飲食物にも注意したいところです。

食事の量や魚や野菜、果物等をバランスよく摂取することが大切です。

厚生労働省が推奨している「一日に野菜を350gとりましょう」ですが、「そこまで摂取できないよ。」という方に効果的に野菜をとる方法があります。

それは、キャベツや白菜の葉物と豆腐と肉や魚類を使った「一人鍋」です。

野菜や豆腐や肉や魚を一つの鍋で食べることによってバランスよく摂取し、野菜が温められることによって食べやすくなり、野菜不足を解消できます。

また、食事の時に「野菜ジュース」をとることも野菜不足には効果があります。

ひとえに野菜ジュースといってもトマトやにんじん、野菜と果物が一緒になったものもあります。

さすがに一日に350gの野菜をとることが難しいのですが、極力野菜はとっておいたほうが健康にもよいです。

また、糖類をとらないと頭の回転がよくならないので、一日に一回の程度ならば砂糖が入ったコーヒーを飲んでも大丈夫です。

糖分を摂りすぎたときは0カロリーの「麦茶」や「緑茶」や「ほうじ茶」類を飲むと手軽に摂ることができます。

ですが、あくまでも食べ過ぎ、飲みすぎには注意しましょう。

ダイエットの基本は「適度な運動と食事」です。

メリットがたくさん「断食ダイエット」

オススメしたいのが「断食ダイエット」です。
断食ダイエットというと、ストイックで厳しいイメージですが、やり方に注意してコツさえつかめば大丈夫です。
ポイントは期間設定、食べ物、適度な運動の3つで、特別な準備や道具はいりません。

http://roandkonoba.com/

断食ダイエット期間は無理のないように36時間ぐらいで設定します。ですから、平日は仕事が忙しい人も週末を利用してダイエットができます。
次に食べ物ですが、全く食べないわけではなく、生姜湯や梅干しなど消化がよくて代謝のよくなるものを摂取します。お酒やタバコは控えてください。
そして、最後に散歩やストレッチなど適度な運動を取り入れればOKです。家事をがんばるなどでも大丈夫です。特別な運動はいりません。
この断食ダイエットを月に2回ぐらい生活に取り入れることで、ゆっくりですが無理なくダイエットできます。

ダイエットできるだけではなくて、デトックス効果も期待できますから、肌質や腸内環境の改善、便秘の解消にも効果的ですし、
何より断食明けのスッキリ感と達成感は何とも言えない気持ちのよさです。
ただ、気を付けてほしいのは自分の体調に十分注意すること、ストレスをためないことです。
ダイエットは無理なく、気持ちよく、長く続けることがいちばん大切です。

この断食ダイエットで、スリムで健康的な体を手に入れてみませんか。
ぜひ一度、試してみてください。

拙者、まだ20ぞ・・・?

鏡を見てびっくり。

いやいやまだ早いだろ、と見て見ぬふり。

そんなことを繰り返してたらなんだが日に日に増えている気がして……

拙者、齢20で白髪に悩む。

これが俗にいう『若白髪』というものなのだろうか。

原因が全く分からず、すぐに検索。

その1、ストレス。

知らず知らずのうちにため込んでいたのだろうか。

そういえばこの年代は周りの環境が変わりやすい時だし、

無意識にストレスを感じていることがあるかもしれない。

その2、栄養不足。

確かにここ最近は外食が多かった。

これは偏食ゆえの栄養不足かもしれない。

ラーメンのもやしタワーだけでは野菜は補えないのだ……
http://www.aliancapelaescolha.org/

その3、睡眠不足。

夜は遅くまでゲームや動画視聴でゆったりとした時間を過ごすのがルーティン。

むしろこれでストレス解消! と思っていたが、

髪は悲鳴を上げていたのかもしれない……

と、ここまですべてに当てはまり、

もはや心まで真っ白になっている。

しかし、現在若白髪で悩んでいる若者は急増しているらしく、

自分以外にも悩んでいる人は多くいるようだ。

現代社会、白髪が増える条件を満たす環境が当たり前のようにあり、

意識して気を付けなければ、あなたの黒髪も白く染まっていくかもしれない。

ニキビにシミに、しわに…スキンケアって大変!

今年で25歳になったのですが、年を重ねるごとに肌が乾燥するようになってきたような気が…!
もともとニキビ肌で悩んでいたので、脂性肌かと思っていたら、根本的問題は乾燥なのだそうです。
脂性肌でなおかつ乾燥肌ってどうすればいいの!ってスキンケアに思い悩まされました…。

ヴィオテラスHSCセラム

最近、友人に紹介してもらったサロンに通い出したのですが、
サロンのスタッフさんに「肌が自力で油分を作り出せるようにすることが大切だよ!」と教えてもらいました。
スタッフさん曰く、乾燥が肌にとっての一番の敵なんだとか。
シミやしわ、くすみ、それにほうれい線なども、
肌の内部の水分が不足していることでできてしまいやすくなるそう。
女優さんやモデルさんたちのような“透明感”を叶えるには水分量が大事なんですね♪

そのサロンは、油分を使わない保湿を徹底していて、
自力で肌を守る油を生成できるよう、肌をサポートするクリームを販売しているんです。
実際に、私もそれを使い出してからニキビもできにくくなり、
朝起きたときも、肌の感想を気にしなくて済むようになりました!
乾燥なら油でたっぷり保湿すればいいよね!という話ではないみたいで…スキンケアって難しいなぁと、改めて感じました。
サロンのスタッフさんから、「ここの商品以外でも、保湿クリームを塗るときに、肌をマッサージするように意識することで、むくみもたるみもつきにくくなる」と
アドバイスをもらったので30歳に向けて、シミしわ対策、たるみ対策もしっかりしていきます!