ニキビに悩んだ大学時代

高校を卒業した後ぐらいから、ニキビが出るようになりました。

ラントゥルースの効果は?

ぽつぽつと増え始めて、気づけばほっぺにかなり出ていました。

母が出ていたこともあり、自分も出るのではないかと不安になってましたが、やはり出てしまってショックを受けました。

洗顔を変えてみたり、脂っこいものを食べないように気をつけましたが、あまり効果はありませんでした。

何が原因なのか考えてみると、ストレスではないかと疑うようになりました。

その頃、大学に通うことになったので、実家を離れて一人暮らしを始めていました。

一人暮らしは自由がある反面、一人ぼっちになることが多くなります。

友達がいれば良いのですが、初めての土地で中々できませんでした。

そんなある日、授業で一緒になった人がいて、講義が終わって話すようになりました。

それから友達になり、一緒に遊ぶようになりました。

ライブに行ったりして、大学生活が楽しくなってきました。

すると次第にニキビは減っていきました。

やっぱりストレスをなくすのは大事だなぁと思いました。

まだニキビが出ていたので、次に何か対策はないかなと考えました。

思いついたのは、洗顔の量を減らすことでした。

ニキビをなくすため、肌を綺麗にしようと、毎日一生懸命洗っていました。

洗いすぎていたのだと気づいたのです。

それからは、洗顔を薄っすらつけるぐらいにして、顔を洗うようになりました。

なんなら洗顔なしの日もありました。水だけです。

すると2年ほど経った時、ニキビがでなくなり、お肌が元の状態に戻ったのです。

今までの悩みは何だったのかと、首を傾げてしまった大学時代です。