アラサーOL、決意する。

『お肌の曲がり角』

その言葉をメイクに興味を持ち始めた10代のころに聞いていた。

けれどもそんなことは気にせずとにかく目元をぱっちり見せることに固執していた学生時代。

社会人になっても最初のうちはオフィスメイクなんてものがいまいちわからず

その時に流行っていたBBクリームを塗って相変わらずぱっちりな目元と華やかなリップにばかり

興味を注いでいた20代前半。シロイストは評判以上の美容液!効果や口コミなどを赤裸々にレポート!

そして今、アラサーになってようやく気付くのはお肌の曲がり角はもうすでにきていたということ。

くすみ、ちょっとした目じりのシワ、こんなところにほくろなんてなかったのに。

その事実に今朝メイクをしながら気づいて落胆した。だけどそんなことで会社は休めない。

通勤電車に乗る。偶然目に留まったベビーカーに乗った赤ちゃんの肌は瑞々しい。

その隣の女子高生たちの肌はどうだろうか。思春期特有の肌荒れは見受けられるものの

やはりアラサーの自分よりも若々しい。次に乗ってきた30代後半のサラリーマンはどうだろうか。

疲れているのかハリがない。じゃあその隣に座った自分の母親くらいの年齢層の中年女性の肌はどうだろうか。

この女性は何度、お肌の曲がり角を超えてきたのだろう。

じゃあその向かいに座った女性は…と何気なく見たその女性の肌は美しかった。

年齢でいえば80代くらいだろうか。もちろん赤ちゃんや女子高生のような肌のみずみずしさではない。

けれどもきちんと自分を見つめて手入れをしてきたであろうその肌は十分に美しいと思った。

ふと電車の窓に映る自分の顔を見る。確かに10代のころの弾けるような肌ではない。

だけどここから何度お肌の曲がり角に出くわそうともその都度自分の肌と向き合って大切にしてあげようと思った。

今朝気になったくすみは化粧水と乳液を見直してコントロールカラーを選べばきっと大丈夫。

これ以上ほくろが増えないためにはやっぱり日焼け止めとビタミンが必要だろう。

今の肌の悩みは今の自分にしか解決できない。後悔先に立たず。今日は帰りにドラッグストアに行こう。

たぶんこれからもお肌の曲がり角には悩まされると思うけど。